国際ロータリー 第2590地区 横浜緑ロータリークラブ 2011-12年度 Website

国際奉仕委員会(International Service)

国際奉仕委員会(International Service)

委員長:清水 裕之

 皆さんは既にご存じと思いますが、ロータリーは最初ポール・ハリスの一業一人ということで、他に競争者がいないという安心感から生まれる親睦から始まりましたが、自分の利益を考えるだけではなく、よりよい社会を築いていこうという奉仕の精神が芽生えて、その意識に賛同する人々が世界の隅々まで広がったため、おのずと国際理解に対して考え、これを組織化していかなければならないということが国際奉仕であるということであります。

 私自身も海外へ出かけて仕事をしておりますが、今まで訪問した国は約20カ国ぐらいで、回数は何百回となりますが、国際奉仕という問題については、貧富の差や政治の矛盾などで考えさせられることはあっても具体的な方策までは考えたことがありませんでしたが、これを機会にロータリーの行ってきた国際奉仕の内容を勉強して考えてみたいと思っております。

 話が大分逸れてしまいましたが、今年度の活動計画としては、一つが以前北原会長のお話にもありましたが、来年5月国際大会の参加を考えております。二つ目は鶴岡会員とも先日ご相談させて頂きましたが、香港サウスへの表敬訪問を考えております。事業計画としては以上ですが、もちろん私自身だけで決められるものではないという認識ですが、他にも良いアイデアや事業がありましたら、積極的に考えていき皆さんともご相談させて頂きたいと思っております。

 私自身が、何か世の中の役に立ちたいと思っても、日常の業務に忙殺されている中で実行に移すことが出来ません。ロータリーは奉仕をする団体ではなく、人に頼ることではなく、個々の発意ということですが、これは私自身がテーマとして考えなければならないことと思っておりますし、自身の人間性の成長も強く求められると思いました。ただ国際奉仕に至っては個人や単一クラブの取り組みでは及ばぬところもあると思いますので、そのあたりは私も北原会長や鶴岡会員を始め皆さんとご相談しながら委員会活動を進めて参りたいと思っております。至らぬところや拙いところが多々あると思いますが、1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

委員長:村松 勇治

 ロータリー財団の使命は、地域レベル、全国レベル、国際ベルの道的、教育的、文化交流プログラムを通じて、ロータリーの綱領とロータリー の使命を遂行し、かつ世界理解と平和を達成しようとする国際ロータリーの努力を支援することである。
 ロータリー財団プログラム、下記に示す如く広範囲に活動している。

  1. 教育的プログラム
  2. 人道的プログラム
  3. ポリオプラスプログラム

 上記の活動を理解して頂き、積極的に活動の募金活動にご理解とご協力を会員各位にお願いいたします。

委員長:大地 哲郎

 米山奨学会事業は、1953年東京ロータリークラブの創設者「米山 梅吉氏」の功績を偲び、米山の名を冠して奨学制度「米山基金」として創設されております。

 1957年には、全国のロータリークラブの共同事業として「ロータリー米山奨学委員会」が発足し、現在の財団法人「ロータリー米山奨学会」へと発展しています。

 10数年前までは、年間予算が20億円、奨学生は1,000人規模でしたが、ロータリー会員の減少で残念ながら、年間14億円、奨学生800人へと減少しております。

 米山奨学事業は、日本の学術や技術を学び、あるいは日本の文化を研究する目的で、日本に在留している外国人私費留学生に対し、ロータリーの理念とする国際理解と国際親善を深めるために、全国のロータリアンの寄付金を財源として、奨学金を支給し、援助して前途有望な青年を育成する事業です。

 日本最大規模の民間奨学金団体として他団体の奨学金制度と大きく異なる点は、世話クラブとカウンセラー制度です。奨学生は、ロータリー-クラブを通して日本の文化、習慣などに触れ、社会参加と、社会貢献の意識を育て、将来ロータリーの理想とする国際平和の創造と維持に貢献する人となることが期待されております。

 この財源として、各会員には普通寄付5,000円、特別寄付20,000円 
合計25,000円が2590地区の目標であります。
皆様のご協力で2590地区は全国34地区の中第一位となっております。
今年度も、今までと同様にお願いしますのでよろしくお願いいたします。


イメージ動画『END POLIO NOW』↓

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional